TOP

安い家族葬のプラスアルファのメリット

負担すべき費用を安い値段に抑えられる、というメリットで注目の家族葬ですが、プラスアルファのメリットもまた見過ごせません。お金という現実的なポイントだけでなく、家族の心身の負担の軽減につながるメリットもぜひ、家族葬を検討される上で視野に入れておきましょう。

まずは小規模かつ事前に通夜の弔問者と葬儀の参列者が限定される環境が、家族にとってやさしいお葬式となるメリットです。どれだけ覚悟していた故人の逝去とはいえ、精神的なショックと緊張感が家族それぞれに届けるダメージは小さくありません。こうしたコンディションの中、一般葬儀であれば長時間弔問者へのあいさつを続けねばならず、翌日の葬儀を前に、より大きな負担が避けられません。また喪主として遺族として、弔問に訪れる方々への対応に追われる結果、故人を偲ぶ余裕が与えられない通夜となってしまう展開も珍しくありません。その点家族葬であれば、家族プラス自分達で同席を希望する限られた方々だけで、値段が安いというメリットだけではなく、ゆっくりと故人を偲ぶ時間の確保が可能です。

このメリットは翌日の葬儀にも共通しています。一般葬儀でそれなりの人数の一般参列者が訪れれば、お焼香にも相応の時間を要し、式全体が長時間となる展開が避けられません。ご高齢のご家族や幼い子供にとって、連日の疲労感の中、これもまた心身に辛い時間となってしまいます。対して家族葬であれば、宗教儀式として必要な一連の流れを全て踏まえた上で、省略可能な部分が少なくありません。結果葬儀全体に要する時間の短縮から、ゆとりを持ったお葬式を進められます。

また何らかの事情で参列を遠慮いただきたい親族と、顔を合わせずに済む、反対にどうしても故人の最期をお見送りいただきたい知人や関係者にだけ、家族の判断で連絡できる人選もまた、家族葬ならではのメリットです。どのタイミングで誰が訪れるのか予測し切れない一般葬儀とは違い、精神的なゆとりと安心感が大きなお葬式スタイルであることも、金銭面のメリットと同じく、あるいはそれ以上の。多くのご家族に選択される理由です。

ページの先頭へ戻る