TOP

費用が安い家族葬をとり行う上での注意点

費用が安いメリットが周知の家族葬だからこそ、より格安な葬儀業者を探すべく、費用面だけに特化して比較検討される方々も見られるようですが、これはおすすめできる業者選びとは言えません。葬儀業者がサポートしてくれるお葬式は、私達が日常的に利用する、何らかのサービスとは根本的に違います。また日常的に購入する、いわゆる消耗品や食材とも違い、単に提示される価格だけを見て、損得すなわちメリットとデメリットを見極められるものでもありません。

まずは候補にあげた葬儀業者が、家族葬にどの程度力を入れているのか、自社として具体的にどのような設備を有し、どこまで親身な対応を約束してくれるのか、各社の内容のチェックが欠かせません。利用者となる私達家族との、数字だけでは割り切れない相性の部分も重要です。問い合わせに対する応対など、感覚的な部分に基づく判断も大切です。

また具体的に見積もりを取り寄せて比較検討するに際しても、単純に総額だけに目を奪われてはいけません。葬儀業者によっては火葬代が含まれていないなど、パック料金と謳いつつ、結果別途実費が発生する料金形態を採用している場合がありますので注意が必要です。必ず各々の明細を確かめ、疑問が生じればその時点で確認し、それぞれが何に該当するのかを正しく理解してください。

また式場となる自社施設を、葬儀業者側が有しているかどうかもポイントです。近年ニーズが高まる家族葬向けの式場を常設していれば、外部の会場を手配する場合と比較して、より大きな費用軽減効果が期待できます。候補先の施設面プラス具体的な使用料の双方を確かめましょう。

人生を通じてお葬式の喪主、あるいは遺族の立ち位置に立つ回数は、自ずと限られています。自身の経験だけで独断で葬儀業者を選択するのは、ある意味非常に難しい作業といえます。故人が病院で急逝した場合、病院が提携する葬儀業者を紹介してくれるケースもありますが、時間に追われる状況下、吟味している余裕はないでしょう。安心で費用の安い家族葬をとり行うには、より早い段階からの準備が欠かせません。

ページの先頭へ戻る